新年早々のリフォームはこちら

画像


「謹賀新年」
あまり見る人はいなそうだけど、いちおう新年のご挨拶を乗せておきます。

お正月といっても
一人暮らしの身には平常の休みと変わりなく
だらだらととめどなく続いている「家のリフォーム」を
少しだけ手がけたりしております。

それにしても、単体では「いい雰囲気」の廃材の建具
そのまま使っても
「むしろ家を汚くしている感」は否めないですね。



梅酒とレモン

夏前に漬けた梅酒がすっかり熟成していて
これをお湯わりにして、レモンの輪切りを浮かべて飲むの
このところのお気に入り!

梅もレモンも、うちの庭で採れたもの

こういうのって、なんだかしみじみ嬉しいものですね。
画像


今は金柑もたわわになり、
せっかくだから金柑を梅酒の要領で漬けてみている。
(この先、この10倍は行く予定))

普段あまりお酒を飲まないので
多分もう、一生分の酒を仕込み中。

画像




竹ご飯

先日、移住者促進活動の一環として地元の散策ツアーイベント
サポートとして参加して来ました。

内容は里山の散策
移住者の方々のカフェや古民家暮らしを訪問
芋煮会
などなど

芋煮は当然アウトドアで
ご飯は竹で炊きます(ちなみに鶏めし)

これが激ウマでした

里山をトレッキングすると体がメキメキと健やかになって食がすすむ
外で食べるとなんでも美味い
人と輪になって食べるとなんでも美味い

いろんな意味で美味しいので
こういう活動は生活の中に時々必要ですね

画像


画像

土間or三和土計画


台所でほぼほぼのサクセス感にすっかり気を良くし

隣の部屋に取り掛かったのは6月ごろのこと。

しかしこちらは、最もシロアリにやられてるエリアです。

ベコベコの柱を切断したところ、切り口には現役シロアリがうじゃうじゃ。

思わず「シロアリ駆除スプレー」を噴射したところ

まるでシャワーのようにシロアリが降ってきて、(切り口がやや頭上だった)

想定外の恐怖体験となりました。

(子供だったらトラウマレベルだったと思う)

その時点でリフォーム意欲はほぼ90%減!!!


しかし先日、「土間」の作り方を知るにいたって新たな希望が!

材料は砂とセメント。これを、半々に混ぜて伸ばしてひたすら叩くだけ、という。。。

どうだシロアリ、食べられるものなら食べてみい。

ちょうど「花咲か爺さん」に出てくる悪い爺さん家みたいに

うちの庭に埋まりまくったガラ。

これを思い切り投入し、床の嵩上げをしているところです。

庭も片付くし、一石二鳥♫

画像






リフォームライフ/ブログ再開しました。

1年半ぶりにブログ再開します。

今年も余すところひと月となってしまいましたが

千葉に再移住してはや半年。

え~っと、とか考え考えしてるうちに半年も経ってた。(怖)


今度の家は、古民家でもなんでもなく

築30年以上の、こじんまりした昭和建築。

しかし、傷み具合は半端じゃありません。

シロアリにやられてて家も傾いてる、家屋の資産価値はゼロ評価。

ここをじわじわ、ちょっとずつ時間をかけてリフォームしてるわけです。


そのプロセスをご紹介。

その1「台所」
画像

崩壊寸前の床を剥がして、腐った大引、ツカなどを撤去。

画像

湿気防止に、地面にビニールシートを敷きます。

画像

台所は寒いので断熱材も入れました。

画像

ネット通販でフローリング材を買って

画像

オイルステインを塗って仕上げました。

DIYのためのポイント
●友人の大工さんに大所は手伝ってもらいました。

●床材は通販で買える。
(軽トラとか、買わなくていい)

●床塗りとか、できることで参加すればセルフビルド感は味わえる。

●資材プラス大工さんへの支払いなど、トータル10万はかからなかったです。

(続く)






フランキンセンス

前回記事のタイトル「遺跡発掘」なのに
記事の中に「発掘」の話題が皆無!
という事態になってました。
なんということでしょう。

書き出したら言葉の連想ゲームが始まり、
もう何を書こうとしてたか忘れてる。
すみません。

そして大丈夫なのか?!

なので、今回も発掘の話ではありません。

「ここまで忘れて大丈夫なのか!」という件を
記事にしておきたいと思います。

さっき友人から「フランキンセンス」というアロマが凄いらしい、
というメールが来た。

癌まで治すという噂だ。

捻挫した脚に塗ったところ、とても楽になった。と友人は言う。

なになに、そんなに凄いんですか?
と、おもむろにネット検索してみると、
アマゾンにリンクしてて、お値段をチェックしてみたのですね。

そしたら、なんと!
私自身によるアマゾンの購入履歴が出てくるじゃありませんか!
2年前。買っていた!私。いつ使ったのだろう。

そして、使ってどうだったのだろう。

記憶にない。。。。。。。。。。

「川の流れのように」という歌がありますが
もう、すべてが川のように流れているような気がしてきました。
何も留まらない。
すべては流れゆくのみ!

*ちなみにドテラ製でないとダメ!と友人が言うので
値段からしても私が買ったのはパチモンだったと思います。

画像


*写真は「発掘の現場から」♫

佐賀の遺跡発掘~季刊誌並み

すごいですね。
久しぶりにブログを更新しようとしたら、
4ヶ月ぶりだった。
季刊誌並みのタームですが、
年を取るスピードは加速してるようなのに
この悠長ぶり。

やはり、やることも持ち物も
どんどん減らす時期が来てるのですね。

あと、年取ってよかったな、と思うのは
「自然」がますます心の中に
体の中に
染みてくるということ。
ガーデニングにいい季節が始まろうとしている。。。

自然って、日本語の場合二つ意味があるでしょう。
ネイチャーとしての自然と
「自然にそうなる」みたいな
無為の成り行きみたいな自然

この二つが同じ言葉っていうのも、日本語ってすごいですね
いいのかどうかわからないけど。

日曜工作*古い食器棚の引き出しでポスト作ってみました。

画像